もう一度、何度でも、ちゃんと知りたい事。
    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いろいろ語らせて   
あー。久々だ。
ログインできずにそのまま放置、気が付いたらスポンサー広告でした。

最近、なんやかんやといろいろありすぎてほんと・・・・・
小さいことから大きいことまで・・・・・
何から書く?って言う感じですよね

泉田知事の来季の出馬断念とかさ、ほんともうどうするよ・・・ってくらい実は落ち込んでたりしてね
はじめて聞いた時はあたふたあたふた大騒ぎ。

私、新潟県の人は泉田知事を絶大に信頼している。と思ってたんですよ。
あれだけちゃんとした≪県民を守る≫、というスタンスを貫いている人を信頼しないわけがない。って思ってたんですよ。
正直言うと。

だからね、その撤退の理由を知った時は
はぁ???
って思いました。
同時になんで????っても思いました。

あ==あ。ってほんとに落胆しました。

でね、最初知った時、強烈に
「知事は泉田さんしかいないのに。」
って、思った、

他の人考えられないよね。
って思いました。
だって、いつだって他のえらいさんが答えを躊躇しているようなものにも
即座に決断して対応する。
こういう決断と行動できる人がいる新潟県だからこそ移住したわけですから。

えらいさんで足を引っ張ってる人はいたのは知っていましたけれど
それはそれで誰も相手にしないだろうと思ってました、

だって泉田さんはいつだって県民の方をちゃんと向いていたと感じていたから。

そりゃ私は福島からの原発の避難民でっていう部分をどうしても外せなくて
そこを第一に考えた見方をするわけだけれど、よくよく考えたら自分で言うのもなんだけれど
災害(事故)弱者のくくりでこっちに来たわけじゃないですか。
その時の心境たるやほんとに言い表せないくらいボロボロだったわけです。

でもね、そんな時でもとどめを刺そうとしてきたのは福島県知事他、その他もろもろ。
大丈夫だ、風評だ。大げさだ~、いろんなことが言われる中
避難した人を考えてくれたんだろうな?って思える施策をたくさんしてくれた。
人として救われることにほっとしていた自分がいて、やっと息をつける気がして
本当に感謝した。

その知事が出馬しない?これは本当に泣きそうなくらいがっかりしました。
そして新潟県民何やってんだよ。って思った(ごめん。)
そんな私は今、新潟県民。すまんこってす・・・・。

そして立候補してるのはあの瓦礫を燃やした人、
真っ先に思い浮かんだのが
「あっ、原発動くな・・・」
でした。

あのね、今福島が苦しんでるのはこういう人と同じように考えてる人たちが
人の事を考えず、行政とかそういうのばっかり考えて動くから苦しんでるんですよ。
いざというとき味方にはならない。
断言はできないけれど、ほぼほぼ確実だろうなあという懸念はあります。
というなんともまどろっこしい言い方しますけど。

もうね、いろんな黒い思惑がたくさん渦巻いているんだろうなぁ。と思える新潟の今。
その大元はやっぱり解決できないのに無責任に無主物を放出するあの企業だろうなぁ。
というのはほんとに容易に想像できるんであって、
それは生々しくおどろおどろしくおっとりとした県民性を飲み込んでいってるんだろうなと感じます。

これは福島から来た人なら多分容易に感じとれることだろうけれど
今のこの様子は事故の起きる前のあの空気感に非常に似ているという事。
ただね、今度のは新聞社等にほんとに悪意があるよね。
これはさ、ほんと県民への裏切りだと思うんだ。大げさだと馬鹿にする人もいるかもしれないけれど
これね、何もなくても裏切りだと思う。
私たちは福島で事故があった時どれだけメディアに左右されたか。翻弄されたか・・・・。
後で謝っても取り返しのつかない状況になっちゃうと戻すこともできない。

自分たちの主張を振りまきすぎて酷く滑稽な紙面になっていることにもきっと気づかない。
それは残る媒体。。。。。

でもね新聞等のメディアに関心が行くけれど、本当は違うよね。
こうやってあっちでバチバチこっちでバチバチさせるのはあの企業さんの常套手段。
その間にすっと取り込んでいつの間にやら動いてる・・・。って言うね。

ほらっ、この寒気のする状況、数年前の福島で見たよね。
安全ですアピールをし、取材させ、一人一人に安全を説明して回って・・・・
それまで渋い顔してた知事さんを交代させて、で知事が変わった途端動かして
揚句に ドンッ ですからね。

名前が出てないだけで黒いところはどこなのかわかる。そして偉そうにしつつ逃げ回るww
やってますやってます、っていって大した責任もとれない。
そんな事態をずっと見て、体験して痛い目見てるのがなぜか私たち。

そんなことを、感じながら
今回の泉田知事の撤退を感じている。
福島でもそれまで信頼の厚かった知事が「はいっ?」っていう内容で引きづり下ろされてた。
多くの人きっとやられたっ!と思ったことだろう。

去年あたりから、総括もしていないのに。やたらめったら安全に努めますCMが流れ始めた。
私たちは事故に備えていろんな訓練を受けています、的なアナウンスが一緒に入っている。
やる気満々だ。

福島の様な事故を二度と起こさないために・・・ってご丁寧に入れてくれてある。
私たちが頑張ります。って画面では職員であろう人が言ってるけどね
そんな人たちが手に終えるようなものなら隠すだろうし、
そもそもの体質からして誠実さなどというものは皆無なので
何かの時には放り投げるだろう。

それでも動かしたいので必至だ、
そんなこんなの状況で瓦礫を燃やすことに危惧をあらわせない、というか率先して行った人が
今の所の唯一の立候補者。
そして、ただ一人矢面に立って戦ってくれていた泉田知事。
この人の理路整然とした言動。ぶれない姿勢。
どれもこれもが本当にこれからの新潟には必要だったと今でも思う。

でもそうしたぶれない姿勢で先を見据え、県民を思い職務を全うしようとしているのを
あぁ、さすが泉田知事。と思ってみてもいる。

今でも知事でいてほしいという思いはものすごくある。
けれど、私が身内ならきっと
もういいでしょ、と止める、
必要な「県民との信頼性」を揺るがせるようなことを独断で新聞社が意図的に操作しているなど
言語道断。ありえない。
一度折れてしまったものをまた奮い立たせる、そのことだけでも大変、
ましてそれが政治的なものとなると、その決意も並大抵じゃない。

もし、仮に、、万が一、、、、戻ったとしてもまた、そうした妨害を受けるなら
決意を込めて撤退を表明したことなど意味をなさなくなる。
そしてまた向かい風がふく。

身を切っての風穴。
そこまでしないといけなかったという事。

だけどさぁ。きっともうさ助けようとしている側からいろんな事されるから嫌になっちゃんだろうね~。
ほんと新聞社。。。。なんかあったら責任とれよ的な思いだよ。
確実に片棒かついだからね、あなたたち。

はぁ、ほんとは甲状腺検査の話も書こうと思ったんだけれど、次回に・・・・。



スポンサーサイト
もはや神です。   
と、下記のサイトの方がおっしゃってました。

6月6日に発表された福島県の健康調査。

今回173人にまで増えた甲状腺がんの急増に対する以前からの主張です

「福島県の子供たち全員を対象にスクリーニング検査を実施したので、

将来甲状腺がんになる患者を早めに発見できた。(だから小児甲状腺がんは増えていない)」

という主張の考察を行った際の言葉です。探してみてくださいね。



リンクを張っておきましたので是非ご覧ください。長いですがわかりやすいです。


↓クリックで飛べます。

【緊急特集】福島県の子供の甲状腺がん患者数など→最新情報まとめ


も一つ。

6月2日に公開された学生向けの講演会の動画をリンクしました

20160602 崎山比早子「若者と放射能ー関東の汚染はどうなっているのか?」


福島県はいうに及ばずの話ですが、関東における低線量被曝の事。

そして甲状腺以外の様々な対象の変化についての話なども語られています。

私には割とわかりやすかったのでここに残しておきます。

出かけるのでここまででアップします、

後程加筆します。では

混ぜて薄める。混ぜたらわからん。。。の罠。   
このところ食品のというか春の味覚での基準値超えの流通が続きましたね。

どちらも福島県の隣の栃木県出の事です。

一つ目は今月6日栃木市西方町元の「道の駅にしかた」で発売された山菜(コシアブラ)から
基準値(1㎏あたり100ベクレル)を超える1600~2200ベクレル(㏃)の放射性物質を検出した。

引用元産経ニュース 5/6付

って、軽く書きますけど、100ベクレルだって相当なもんなのに・・・・
1600~2200ベクレルなんていう本当におおよそ食べ物とは言えない数値が出てきています。


これね、しかも完売してしまっているという。
コシアブラなんか天ぷらにしたらみんなパクパク食べてしまうやん。


でね、これだってそこまででも許しがたいのに、さらに許せないのが


販売者が県に持ち込み放射性物質検査をしたのだけれど、一人はその検査後に
出荷停止区域のコシアブラをまぜた可能性もある。
だからね。


検査の信頼度を著しく下げたよね。


販売者さんのプライドはどこに?
物が汚染されてしまって取れないことに同情はしますわ。

でもね。
だからって言ってとっちゃダメなところのものをあとから入れるってさ・・・。
あなたのとった確実にやばそうなものがさ、確実に誰かの口に入るわけですよね。

それをわかっていてやっているわけですよね。

この段階でこの方加害者ですからね。
こういう言い方は好きじゃないけれど、、、、
売ってしまった段階でもう加害者ですから。

悪意しか感じられません。故意ですよね。故意。
知っている人はコシアブラなど買いませんけどね。。。。。
知らない人は買っちゃうんだよ。罪なんだよ。。。。。。
がっかりだなぁ・・・・・・。

そして、11日には、宇都宮市内の小学校で前日10日に提供したタケノコご飯のタケノコから
基準値を超える放射性セシウムが検出された。らしい

引用元、産経ニュース

いよいよきたよ。学校。。。。
食べるのは誰?


子どもだよ。わかってんのかなぁ。そこのところ・・・。
なんでも子どもに背負わさないで欲しい・・・。

取っちゃいけない場所だと知らなかった・・・。だそうです。
そんな人たちが業者として取った代物が流通するわけです。

今回はたまたま学校でしたけどね、これ、どこであっても全く不思議ではないですよね
幼稚園だったり。老人ホームだったり、福祉施設だったり、
病院だったり・・・・。

勿論家庭もです。

生産者の方やそれと同等の事をされている方の良心に任された安全なのに・・・・。

体に入ると攻撃によるダメージは100%。
体の外に出るものがあるとしてもその間はずっと攻撃され続ける体。
放射線が貫き続ける内部被曝。

ジャガイモの芽止めに使われるのも放射線だよね。
成長するのを止めるために使われるのが放射線なんだよね。
一瞬の照射で芽止めが出来るんだよね。
一瞬での影響力が強いんだよ。
だからさ、きっと
一瞬で遺伝子を切断してしまうこともある。
繋がる時に間違えてしまうことだってある。

そんなこんなを防ぐために検査通してんじゃんね。

何やってるんだよ。大人。。。。。。

ほんとにもう・・・・・。
思う事。   
この度の熊本と大分の地震にあわれた皆様、
まだまだ大変な状況にいらっしゃることと思います。
どうぞ、必要以上にご無理なさらず、我慢なさらず、
この状況を乗り切られることを切に願っております。


こんにちは。
ここ最近はツイッターにつぶやいておりました。

FBの友人が割と九州の方が多くて、熊本の方が多くて
地震のテロップを見た時はすごくびっくりしました。

震度の大きさにすごくドキドキしました。
震度が1違うと破壊力というかパワーが何倍も何十倍も違うと言います。

震度6と震度7と書いてみると1の違いなんだけれど、
そのパワーを見せつけられる映像に
あ~~、どうなっちゃうんだろう日本。とめまいがしそうでした。
映像というのは良し悪しで
現地の状況を下せてくれる映像は、被害の大きさを焼き付けます。
そして、私の中の引き出しにしまったばかりの3.11の映像を引きづり出します。
壊れた家屋、波打った道路。削られた道路。
崩れてしまった山。避難所の映像。

瞬時に5年前に意識が飛びました。

そして、やはりすぐに頭に浮かぶのは
原発どうなってる?でした。

揺れる=原発どうなってる?

この心配がすぐに浮かんでしまう今の日本
なんかね、異常ですよね。

でも、川内原発動いてますからね
動いてない原発の何倍も心配しなくてはいけないことなんですよね。

私の中にはまだ少し国や電力会社に期待するところがどこかにあって
さすがに震度6とか7クラスの地震があったのだから
止めてくれるだろうと思っていたのですが。。。

止めませんでしたね。

ほんと、びっくりでした。
もうね。止めてもいいレベルの揺れと被害でしょ。

でも、止めなかった。安全なんだって・・・。
おかしいよね。がっかりだよね日本

道路もなんもかんも形が変わってしまうほどの地形の変化
交通も遮断されて、
新幹線もだめで
水にもろい土壌で多雨で・・・
自然災害だけでもその爪痕の激しいことこの上ないのに・・・


万が一というか万でもない可能性だけれど。
たとえばこんなタイミングで事故です。なんて言われたって逃げようがない・・・。
屋内退避ってもできない、
雨が降ったら放射性物質が雨と共に降り注ぐだろう、

さまざまな状況が想像できるのに・・・。
ナンダロウネ・・・・・

守る気ないよね、あなたたちが守りたいのは国民じゃないよね・・・
っていうのはひしひしと伝わってきます。

不都合な事にはふたをするという事はわかったから、
せめてもう少しうまくやってもらえないかなぁ。
と、思ったりもします(皮肉)

原発で避難する人の事、数、それだけの保障
健康状態の不安を取り除くための長年にわたっての健康調査。
どれをとっても安全だと言い切って動かすには無理があるでしょ。
で、そんな大事な物を引き換えに出さなきゃいけないものが
電気・・・の為。という・・・まっ、電気というのは表向きなんだろうことは
もう多くの人が知っちゃってると思うけどね


しかも今度は四国も東海も勿論関東だって影響は免れない。
いやぁ。こんなにドキドキする地震。
たまんないよね。

こんな災害があっても止めてもくれないんだ。
っていうのはインプットされたよね。

あのね、やばいな?と思ったらとりあえず逃げるに限る。
国民を逃がさないための隠ぺい。
またやるよ。きっと。

と思っとります。私は。









風の流れ   
こんばんは。

近所の桜が満開です。

今年はいつもより咲くのが早かったですね。

今日はさっき一回書き終わったのに最終ボタン一つで削除してしまいました......

あぁ、一番やっちゃいけないパターンです。


今日遅ればせながら大気の流れを見る天気予報をリンクに追加でアップしました。

これね、事故の年から私は良く見ています。

事故当初、子供たちを外に出すときに風向きを気を付けてみてください、っていうのがあったの。確か。。。


で、今回何故これを載せたかというと

いまだに新しい放射性物質が放出されていることもありますが、

最近の山火事などにより気化したものが風に乗り飛びやすくなっているとされているから


汚染地での大規模な山火事が最近続きました。

福島県では山林の除染は行わないことになっています。

という事で高濃度のものが蓄積されている場所もあると予想されるのですが

それもそのまま放置されています。

その放置されている山林が火災になると・・・・

濃縮され、気化された放射性物質が大量に遠くに運ばれてしまいます。

そして、より深刻な内部被ばくをしてしまう可能性があると言われています。

そうしたことを考えるとその流れを知り、対処法を知っておくという事はとても大事だと私は思うのです

福島で起こっていることでも、その影響は福島だけのものではないのです。

(見ていただくとわかりますが、思う以上に関東やその周辺への流れが見えます。)

そして、このことから火災だけでなく、ごみとして焼却されるものについても同じことが言えると思います。

ですので大気の流れだけでなく、雨や雪で降下することを考えるとその部分もみなくてはいけません。

晴れの日、風の強い日、いろんな条件で回避の方法を考えられるのは大事なことだと思います。

場合によっては変更できる予定を変更するという対策が有効になるかもしれません。



病気になってしまったら治療に時間もお金も必要ですが、防御するのにはそこまでのリスクはありません。


知っておいて損はないと思います。

という事でのリンクです。

一度見ておいて下さい。
                              
         
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。